Tattoo - Visual Art Form

Ben Corday

Ben Corday


今回は今まで紹介してきた

アーティストとはちょっと違う、

異色の経歴を持つ

ベン・コーディです。
Ben Corday(1875-1938)

生まれは諸説ありますが、イギリス人なので

イギリスのランカシャーが有力とされています。

14歳の時に船乗りになり、

そのあと軍隊に入隊、

南アフリカの第二次ボーア戦争で戦った後、

軍隊を辞め、

1912年に市民権を得てアメリカに移住します。

アメリカに移住した後にタトゥーを

始めてるので、37歳。

当時としてはかなり遅咲きですね。

タトゥーだけでは無く、レスラーや俳優も

やっていたそうです。

彼は身体が大きいとゆう事でも有名でした。
かなりデカイですね。

ついたあだ名がビッグ・ベン。

そのままです。笑

資料によると身長2m、体重135kq

あったそうです。

彼は当時沢山のフラッシュを描いていたそうで、

あのパーシー・ウォーターズにも

原画を沢山売ったそうです。

また彼の有名な作品に、

若い女性に大胆にドラゴンを彫った写真があります。
この写真は当時、

複製されて無数のタトゥーショップに

飾られてました。

レイの敬愛するストーニーのお店にも

飾ってあり、

ストーニーはこの女性がベンの奥さんだと主張、

ベンと1930年代にサーカスで働き、

このドラゴンのタトゥーの完成を手伝ったと言っていました。

しかしタトゥーアーティストのライル・タートル曰く、

ストーニーはとても賞賛に値する人物でしたが、

また時にいい意味ででたらめな人とゆう事もあって、

この話は本当かどうかさだかではありません。

セイラー・ジェリーもこのドラゴンに

影響され、ドラゴンを描いたそうです。


ベンの作品は
繊細なラインで優しさのあるもの

でしたが、バート・グリムと出会ってから

力強いラインでよりシンプルな作品に

変わっていったそうです。


バートはベンについて、

彼は当時、

フラッシュを売り、そのお金で大酒を飲み、

また稼ぎ、お酒を飲むとゆうのを

繰り返していたそうです。


そして資金が尽きたころ、

ロサンゼルスに最後のお店をオープンします。

そして

1938年、自宅で睡眠中に亡くなりました。


皆さん、色んなところで繋がり、

影響し合っています。

お互いを尊敬しあってるからこそ出来る事ですね。

ベンもまたアメリカン・オールドスクールの基礎に

多大な影響を与えたアーティストの

1人です。











share this article to: Facebook Twitter Google+ Linkedin Technorati Digg
Posted by Unknown, Published at 11:30 AM and have